騙されない為のクレジットカードショッピング枠現金化の口コミ徹底比較

業者の作った口コミサイトに騙されないで!実際に調査した内容と口コミを発信します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

接客態度A ギフトクレジット

 

店舗名:ギフトクレジット

実質還元率:73%(JCB:72%)

URL:http://www.gift-c.net/

TEL:0120-846-555

還元方式:キャッシュバック方式 ※注意

所在地:東京都新宿区

【口コミ情報】
・キャッシュバック方式の業者だが、接客態度は好感が持てる。
・本当の還元率を事前に答えてくれる点も良い。

合法業者と違法業者

クレジットカード現金化サービスには、その還元方式によって合法業者と違法業者が存在します。

2011年7月、クレジットカード現金化業者が初めて逮捕されました

取り締まる法律も無く、それまで合法とされてきた現金化業界を驚かせた事件です。

なぜ、逮捕されたのかと言いますと、実際の物品取引の実体が無い為、貸金業に当たると警察は判断しました。
その為、決済額から振込額の差額が法定利息を超える高金利となることから、出資法違反と認定されたのです。

それに伴い多くの現金化業者が次々と消えていっています。

この判決の重要なところは、物品取引の実態が無い=貸金業というところです。

現金化の方法は業者によって、大きく2つに分かれます。

1つは、商品をクレジットカードで購入してもらい、それを業者が買い取る事で還元する「買取方式
もう1つは、商品をクレジットカードで購入してもらい、キャッシュバックとして還元する「キャッシュバック方式

摘発を受けたのは、後者のキャッシュバック方式の業者です。
キャッシュバック方式も登場した当時は、景表法という法の目をかいくぐった画期的な手法でした。
これ自体は合法ではあるんですが、現金化自体、業者が実質的に20%~40%の手数料を持っていく為、貸金業と認定されれば、ほぼ全ての業者が出資法違反(高金利)に成り得ます。

提携店舗を持っていない業者はキャッシュバック方式で還元しています。

余計なとばっちりを食らわない為にも、条件が良くてもキャッシュバック方式の業者は避けたほうが良いと思います。

接客態度C エーキャッシュ

WS000000.jpg

店舗名:エーキャッシュ

実質還元率:76%
(※業者提示額:申し込み時にさらに引かれる可能性が高い)

URL:http://www.bellgate.net/

TEL:0120-980-407

還元方式:キャッシュバック方式 ※注意

所在地:記載なし

【口コミ情報】

・申し込まないと、だいたいの提示額しか教えてくれない。
・還元率を聞きたいだけなのに、個人情報をしつこく聞いてくる。


クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスです。

2011年8月に現金化業者が摘発され、一時期勢いが無くなりましたが、最近また業者が急増しています。
逮捕理由については、また別の機会に説明します。

クレジットカード現金化自体には違法性はありません。
しかし、これはクレジットカード会社の利用規約に違反しており、バレるとほぼ例外なく強制退会させられます。
(なのでどの業者を利用するかはとっても重要になってきます)

2度とクレジットカードを持てなくなるリスクを犯して、なぜ利用者が減らないか?
それは、カード現金化ならではのメリットが大きいからです。

1.金融機関の信用情報に残らない

これは厳密に言うと違います。
現在では、クレジットカードの支払履歴も信用情報として残ります。
しかし、それはクレジットカードで買い物をしたという履歴であり、借金をした履歴ではありません。
世の中には、借金をすると信用情報に傷が付くと考えている人が多いようで、このような理由で現金化をする人もいるようです。

2.会社・家族に知られたくない

お金を借りた事を会社や家族に知られたくない。これはわかります。
消費者金融の審査では、会社に在籍確認の電話をする所が多いです。
金融機関名は明かさず知人と偽って「~さんいますか?」という簡単なものですが、
誰もが携帯電話を持っているこの時代にわざわざ会社にそのような電話が来ればバレバレで、「~さんお金に困ってるらしいよ」的な噂が本人の知らないところで広まっていることでしょう。

家族にたいしても、プロミスとかからハガキが来ていれば、借金した以外の理由を考えるほうが難しいですしね。

カード現金化の場合は、カードの明細を送付しない設定にもできるし、明細を見ても何を買ったかなんかわかりませんしね。

3.借金ができない人でも借りれる

2010年の改正貸金業法の改正により、総量規制が義務付けられ、年収の3分の1までしかお金を借りれなくなりました。
その為、収入証明ができない専業主婦、無職の人などが消費者金融から借りる事は困難です。

一応、50万円以下であれば収入証明は不要という規定ではありますが、そもそも消費者金融の審査で必要な為、結局借りれないケースがほとんどですね。
私も会社を一旦退職した時は、翌月からプロミスの借り入れ限度額が0になりました。返済専用カードですw
クレジットカードは一度作ってしまえば、収入が無くなってもカードを取り上げられる事はありません。
(更新時に簡単な質問用紙に答えるだけで、審査もされません)

また、過去に事故暦のある人などは、クレジットカードのキャッシング枠は使えません。
私の母も、父に内緒で借金をして債務整理した事があります。当然ブラックです。
今は限度額10万円のショッピング専用カードしか持てませんが、これでも現金化はできるんですよね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。