騙されない為のクレジットカードショッピング枠現金化の口コミ徹底比較

業者の作った口コミサイトに騙されないで!実際に調査した内容と口コミを発信します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合法業者と違法業者

クレジットカード現金化サービスには、その還元方式によって合法業者と違法業者が存在します。

2011年7月、クレジットカード現金化業者が初めて逮捕されました

取り締まる法律も無く、それまで合法とされてきた現金化業界を驚かせた事件です。

なぜ、逮捕されたのかと言いますと、実際の物品取引の実体が無い為、貸金業に当たると警察は判断しました。
その為、決済額から振込額の差額が法定利息を超える高金利となることから、出資法違反と認定されたのです。

それに伴い多くの現金化業者が次々と消えていっています。

この判決の重要なところは、物品取引の実態が無い=貸金業というところです。

現金化の方法は業者によって、大きく2つに分かれます。

1つは、商品をクレジットカードで購入してもらい、それを業者が買い取る事で還元する「買取方式
もう1つは、商品をクレジットカードで購入してもらい、キャッシュバックとして還元する「キャッシュバック方式

摘発を受けたのは、後者のキャッシュバック方式の業者です。
キャッシュバック方式も登場した当時は、景表法という法の目をかいくぐった画期的な手法でした。
これ自体は合法ではあるんですが、現金化自体、業者が実質的に20%~40%の手数料を持っていく為、貸金業と認定されれば、ほぼ全ての業者が出資法違反(高金利)に成り得ます。

提携店舗を持っていない業者はキャッシュバック方式で還元しています。

余計なとばっちりを食らわない為にも、条件が良くてもキャッシュバック方式の業者は避けたほうが良いと思います。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。